PR

Apple Magic Keyboardのレビューや口コミを紹介!打ち心地や種類・重さ・サイズなど

Apple Magic Keyboardのレビューや口コミを紹介!打ち心地や種類・重さ・サイズなど 暮らし

Apple Magic Keyboard– 日本語(JIS)は、MacやiPadに接続して使うのに最も適しているキーボードです。

軽いタッチで、本体も薄いため、手首を楽にして作業することができます。

私はMac miniで使っていますが、それまで使っていたMacBookと同じ使用感で快適!

ワイヤレス(無線)なので、デスク周りをスッキリさせたい人にも向いています。

Magic Keyboardの種類は、テンキーあり・なし、Touch ID(指紋認証センサー)あり・なしの4種類。

私が購入したのは、テンキーやTouch IDのないマジックキーボードで、大きさはA4より小さく、重さは239kgと軽量です。

予算があれば、ログインや支払いが指紋認証で簡単にできるTouch ID付きを選ぶと便利です。

一方で、打鍵だけんが強い人や、キーに深さを求める人、キーボード配列が違うWindowsでは使いにくいかもしれません。

また、古いOSには対応していないので、お使いのmacOSの確認が必要です。

スポンサーリンク

Apple Magic Keyboardを購入したきっかけ

AppleのMagic Keyboardを購入したきっかけは、ノートPCが壊れてデスクトップPCに移行するにあたって、キーボードが必要になったからです。

以前はMacBookを使用していましたが、Mac miniをデスクトップPCとして導入することになりました。

Apple 2023 Mac mini M2のレビューや口コミ。メモリ増設やMac miniがおすすめな人など解説
この記事では実際にApple 2023 Mac mini M2を使ってみて感じたことや、気づいた注意点などを紹介しています。 Apple 2023 Mac mini M2は、コスパの良い小型のデスクトップコンピューターです。 立ち上げや読み...

↑ Mac mini(マックミニ)のレビューや口コミなどは、こちらの記事でご紹介しています

マジックキーボードを選んだ理由(デザイン、キー配列、打ち心地)

私がキーボード選びの際に気にしたのは、次の3点です。

  • デザイン
  • キー配列
  • 打ち心地

私の中で条件を満たしているものは、Magic Keyboardしかありませんでした。

というのも、Mac miniに合うようなシンプルでスタイリッシュなデザインかつ、慣れているMac対応の配列となると、どうしてもApple製品にたどり着いてしまうのです!笑

当初は、80年代90年代に使われていたような無骨なキーボードにしたいな、と思っていました。

しかしそうなると、慣れ親しんだMac配列のものはない・・・。

Mac対応と書いてあるキーボードでも、配列はWindows寄りのものが多いのです。

WindowsのPCも触るのですが、個人的にWindowsのキー配列だと頭が混乱することも多かったため、今まで慣れ親しんだものと同じ配列のMagic Keyboardにすることにしました。

ちなみに、当初使いたいなと思っていた無骨なキーボードに比べると、Magic Keyboardは押し込んでいる感が全くないです。

スポンサーリンク

Apple Magic Keyboard–日本語(JIS)のレビュー

マジックキーボードの使用感は、以前使っていたMacBookのキーボードと同じなので、個人的には快適です!

デスクトップを使い始めた初日から、キーボードの接続がスムーズなのも良かったです。

というのも「Mac miniの初期設定をする際は、よくあるBluetooth接続のキーボードではうまくいかない」という記事がいくつかあったからです。

初期設定の段階で、Bluetoothの設定をいじることができないため、有線のキーボードか、純正品のMagic Keyboardを用意するのが良いとありました。

Apple Magic Keyboardは、自動的にMacとペアリング(Bluetooth対応の機器同士の接続設定)してくれます。

そのため、設定をいじらなくても、最初からワイヤレスで使用することができます。

私のMac miniとも、電源を入れてすぐにペアリングしてくれました。

これには軽く感動しましたね。笑

やはりApple製品で揃えることは、快適さを得られる一番の近道かもしれません・・・。

また、Magic Keyboardのカラーが良いなと思いました。

Apple Magic Keyboard

私の購入したMagic Keyboardのカラーはホワイトキーなのですが、ゴミやホコリがのっていると、すぐに気づくことができるのです。

MacBookの時は、キーボード部分はブラックでした。

今まではそこまで気にならなかったホコリが、ホワイトキーになったことですぐに見つけられるようになりました。

思っていた以上に、日常生活の中でキーボードが汚れていくのだということがよくわかります。

おかげで、こまめに掃除する癖がつきました!

スポンサーリンク

私が感じたデメリットやMagic Keyboardの悪い口コミ

私自身は、特にデメリットを感じていませんが「Apple Magic Keyboard– 日本語(JIS)」の悪い口コミを集めると、こんな感じでした。

  • ロックキーが邪魔・錆びやすく感じる
  • キーが浅いため、指に負担がかかる
  • 古いOSには対応していない

Magic Keyboardには右上にロックキーがついています。

デリートキーの真上にあるため、慣れていない人だと文章を打ち込む時に間違えて、ロックキーを押してしまうことも。

慣れれば問題ないと思いますが、使いにくいと感じるかもしれません。

手汗が多い人も、Magic Keyboardを選ぶ際には注意が必要です。

材質については、記載が見つけられなかったのですが、キー以外の部分はプラスチック製ではないようです。

手汗が多い人の意見で、錆びてしまったという口コミがあったので、気になる人はほかの材質のものを選ぶ方が良いかもしれません。

また、打鍵が強い人には、Magic Keyboardは向かないようです。

キーが浅いため、打鍵が強い人がMagic Keyboardを使用すると、指に負担を感じたり、キーボードの消耗スピードが速くなったりします。

お使いのMacのmacOSの確認も大切です。

「Apple Magic Keyboard– 日本語(JIS)」は、macOS11.3以降のものでないと接続することができません。

iPadの場合はiPadOS14.5以降、iPhoneとiPod touchの場合はiOS14.5以降対応です。

スポンサーリンク

私が感じたメリットやMagic Keyboardの良い口コミ

「Apple Magic Keyboard– 日本語(JIS)」の良い口コミを集めると、こんな感じでした。

  • 純正品ならではの便利さ
  • 手首が楽
  • キータッチが軽くて楽
  • 軽くて薄いのにズレたりしない
  • 充電が長持ち

Magic Keyboardは、とにかくMacやiPadとの相性が抜群なので、ファンクションキーなどの設定も面倒になりません。

接続したその瞬間からファンクションキーが反応してくれるのがとても便利でした!

本体はかなり薄いので、手首の位置を高くする必要もなく楽です。

逆に、普段からキーボードの高さを求める人には向かないかもしれませんね。

キーボードの重さは、持ち運んで使うこともできるくらい軽いですが、入力中に位置がずれたりすることはないです。

また、一度充電すれば1ヶ月ほどは持ちます。

実際に使ってみても、充電のわずらわしさがないのはとても便利です!

スポンサーリンク

Apple Magic Keyboardの種類

Magic Keyboardには4タイプあります。

主に、Touch ID搭載かどうか、テンキー付きかどうかの違いです。

  • Appleシリコン搭載Macモデル用Touch ID搭載Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS)
  • Appleシリコン搭載Macモデル用Touch ID搭載Magic Keyboard – 日本語(JIS)
  • Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS)
  • Magic Keyboard – 日本語(JIS)

対応OSについて

対応しているOSも、少し異なります。

Touch ID搭載のタイプは、AppleシリコンとmacOS 11.4以降を搭載したMacに対応しています。

対応モデルについては「互換性」の項目で確認できます
→ Appleシリコン搭載Macモデル用Touch ID搭載Magic Keyboard – 日本語(JIS)Apple公式サイト

 

Touch ID非搭載のタイプは、macOS 11.3以降を搭載したMac、iPadOS 14.5以降を搭載したiPad、 iOS 14.5以降を搭載したiPhoneとiPod touchに対応しています。

対応モデルについては「互換性」の項目で確認できます
→ Magic Keyboard – 日本語(JIS)Apple公式サイト

色について

また、色については「Touch ID搭載Magic Keyboard(テンキー付き)」のみ、ホワイトキーかブラックキーか、カラーを選ぶことができます。

そのほかのMagic Keyboardは、ホワイトキーです。

↑ Appleシリコン搭載Macモデル用Touch ID搭載Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS)​​​​​​​:Amazon Appleのストア

テンキー付きかテンキーなしか

私が購入したのは、テンキー無し、Touch ID非搭載の「Magic Keyboard – 日本語(JIS)」です。

↑ Magic Keyboard – 日本語(JIS):Amazon Appleのストア

まず、テンキー付きにするかどうかで迷いました。

テンキーが付いていると、数字の入力などはとても楽ですよね。

でも、テンキー付きだとかなりスペースを使います。

私はとにかくすっきりとしたデスクにしたかったので、テンキーなしのものを選ぶことにしました。

もともとMacBookにもテンキーは付いていなかったので、特別こだわりもなかったです。

Touch ID(指紋認証センサー)ありかなしか

そして次に悩んだのは、Touch ID搭載にするか否か。

Touch IDがついていると、指紋認証でログインや支払いが素早くできるようになります。

↑ Touch ID付きのMagic Keyboard:Amazon Appleのストア

Touch IDがついていないと、パスワードを毎度入力する必要があります。

そのため、Touch IDは、あるととても便利だと思います。

でも私の場合は、値段を見て非搭載のものにしようと決めました。

Apple公式サイトの価格では、Touch ID搭載Magic Keyboardは19,800円(税込)、非搭載Magic Keyboardは13,800円(税込)です。

Touch IDが搭載されているかどうかで、6,000円も変わってきます。

6,000円でログイン時のパスワード入力の煩わしさから解放されると思うと、とても良い買い物だと思います。

しかし、私は他にもお金をかけたいものがあったので、非搭載にしました。

Touch IDが搭載されているタイプを使っている友人は、「これだけでQOL上がるよ!」と言っていたので、予算が許すのであればTouch ID搭載のものを選ぶのがおすすめです。

Magic Keyboardはどんな人におすすめか

Magic Keyboardは、MacやiPadなどのApple製品を使っている人におすすめです。

簡単にMacやiPad接続したい人(自動ペアリング)

自動ペアリング機能は、やはりとても便利です。

自動ペアリング機能は、Macに限らず、iPadなどでも有効です。

Apple製品を使用している人は、ぜひ検討してみてください。

※Touch ID搭載のタイプは、対応OSが異なるので確認してくださいね

MacBookと同じ打ち心地を求める人

また、MacBookを使っている人は、今までと変わらない使い心地を体感できます。

デスクトップに移行する際にはぜひ、Magic Keyboardを候補に入れてみてください!

Windowsで使うメリットはないかも

一方でお勧めできないのは、WindowsのPCを使用している人や打鍵が強めの人です。

特にWindowsのPCを使っている人には、Magic Keyboardを使うメリットがあまりないように感じます。

基本的には、接続することは可能ですが、配列がWindows対応のものと違いますし、コマンド入力などの際に不便です。

Windowsを使っている人は、Windows対応のキーボードから選ぶほうが良いです。

スポンサーリンク

Magic Keyboardの概要(サイズや重さ、同梱物など)

私が購入した「Magic Keyboard – 日本語(JIS)」の基本的なスペックはこちらです。

  • 重さ 0.239kg
  • 幅 27.89 cm
  • 奥行き 11.49 cm
  • 高さ 0.41~1.09 cm
  • 付属品 USB-C – Lightningケーブル
  • Bluetooth、またはLightningケーブルで接続
  • macOS 11.3以降対応
  • iPadの場合はiPadOS 14.5以降、iPhoneとiPod touchの場合はiOS 14.5以降に対応
Apple Magic Keyboardと付属のケーブル

キーボードの重さは、iPhoneより少しだけ重いかな?という感じです。

大きさもA4サイズの紙よりも小さいので、持ち運びは余裕でできちゃいます。

私は基本家のデスクトップPCでの作業なので、キーボードを外に持ち出すことはないですが、この軽さならiPadとMagic Keyboardを持ってカフェで作業することも可能です!

スポンサーリンク

Magic Keyboardの購入はAmazonがおすすめ

私は、Magic KeyboardをAmazon(Appleのストア)で購入しました!

私が購入した時の、Amazonでの販売価格は、13,242円でした。

Apple公式サイトでの価格は13,800円だったので、少しだけお安く買うことができました。

※全て税込価格

また、個人的にはAmazonのポイントを少しでも貯められると良いなと思っていたため、Amazonでの購入で満足しています!

ちなみに、Appleの公式サイトでは「Magic Keyboard – 日本語(JIS)」のカラー表示の記載はないですが、Amazonではカラーが「シルバー」と表示されています。

スポンサーリンク
error: