PR

エアリズムが汗吸わない!汗かくと臭いし汗染みが目立つのは私だけ?エアリズムより涼しいインナーについても解説

エアリズムが汗吸わない!汗かくと臭いし汗染みが目立つのは私だけ?エアリズムより涼しいインナーについても解説 暮らし

速乾性のあるエアリズムでも、暑くて汗が乾く間もなく出てくると、汗を吸えずびちょびちょになったり、臭いが気になったり、汗染みが目立ったり、という声は多いです。

乾かないまま、クーラーの効いた部屋で汗冷えしてお腹が痛くなるという人もいるでしょう。

ただ、個人差があるようで「エアリズムは、猛暑でもサラッとして汗をかいても張り付かず快適!」という人もたくさんいました。

(うらやましいです)

汗でびしょびしょになる場合には、次のような対策があります。

  • 予備のインナーを持って出かける
  • 他のインナーを試す
  • 汗拭きシートや冷感スプレーなどと併用する

エアリズムより涼しいインナーとしては、速乾性に優れたアウトドアや登山用のインナーが好評です。

モンベルのジオラインや、ミレーのドライナミックなど。

グンゼのインナーも、汗をよく吸ってくれたり、着心地の良さなどから人気があります。

私はセール前に買ってしまいましたが、7月末から夏物がセールになっているので、試すのにちょうど良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

エアリズムは汗吸わない?乾かない?

ユニクロのエアリズムについて、SNSを中心に口コミを調べました。

滝汗が出っぱなしの暑さでは、さすがにエアリズムは汗吸わない、乾かなくて不快、という口コミがたくさんありました。

毎日のように35℃前後という猛暑のため(2023年8月上旬)投稿数も多く、肌にべったり張り付いて、脱げなかった…と言う声もあります。

一方で、この暑さでもエアリズムはサラサラ快適!という口コミもありました。

汗でびっしょり張り付くという人と、快適という人は半々くらいの印象です。

汗かきには真夏のエアリズムは不向きかなと思いきや、汗っかきでも快適という声もありました。

個人差がありますね。

Twitterを少しご紹介します。

汗を吸わなくて不快と感じる人の意見を見ていると、着た時は涼しいけど、この暑さでは、汗が止まらなくて乾いている間がないと感じました。

汗でビタビタ、張り付くという口コミが多いです。

快適派の汗に関する口コミは、汗だくでも張り付かない、すぐ乾く、さらっとして涼しい、というエアリズムの特徴の通りの感想が主です。

また、タイツ、レギンス、ペチコート、アームカバー、ロンTも快適!という意見や、全身エアリズムという口コミも何件か見かけました。

いくら速乾性があるエアリズムでも、この暑さでは汗でビッタビタになるのは仕方がない事なのかなと思います。

(私は通勤などで外に出る時間は少ないですが、汗っかきなので、もし長時間出歩いたら汗でびちょびちょになる自信があります)

「夏のインナーと言えばエアリズムしか知らない」という親戚の子も、毎日汗びっしょりで学校へ行き(自転車通学)、クーラーの効いた教室で乾くのを待つ、という感じだそうです。

お腹が弱い子や、クーラーの設定温度によっては冷えて風邪ひきそうですね。

汗でびっしょりになる方の対策としては、例えば通勤なら「予備のインナーを持って行き、会社に着いたら着替える」とか「他のインナーを試してみる」という方法があります。

他のインナーについては、後ほどご紹介しますね。

エアリズムが乾くように、うちわや扇風機などで風をあてるのも良いかもしれません(大量の汗では追いつかないかも…)。

冷感スプレーなどを併用すると快適、という方もいました。

取り入れられそうなものがあれば併用してみると、快適に過ごせるかもしれませんね。

わが家の場合、今年はネッククーラーでだいぶ楽でした。

スポンサーリンク

エアリズムは汗かくと臭い?

エアリズムは、汗をかくと臭いと感じる人も結構いました。

エアリズムに限らず、化繊のインナーは、洗濯してもにおいが取れにくい感じがします。

特に、夏は大量の汗をかくので、皮脂汚れもたくさん出そうです。

化繊の素材は他の洗濯物の汚れを吸ってしまう、と以前見たことがありますが、エアリズムは極細繊維のため、汚れが付きやすく落ちにくいのかもしれません。

エアリズムの臭いが気になるときは、60℃くらいのお湯に酸素系漂白剤を溶かして30分くらい浸けるとよいでしょう(商品によって素材が異なるので、洗濯表示を確認してくださいね)。

それでもだめなら、石けん液につけ置きしておくと良さそうです。

(わが家は粉石けんを使っているので、粉石けんを泡立てて、酸素系漂白剤も溶かしてつけ置きすると良さそうだなと思っています)

私は使ったことがないのですが、レノア クエン酸inが良かったという投稿もありました。

スポンサーリンク

エアリズムは汗染みが目立つ?白くなるという人もいる

エアリズムは汗染みが目立つ、という感想も多いです。

臭い同様、電車など、周りの人との距離が近い場所では気になってしまうのではないでしょうか。

汗の塩分で白くなった、というコメントも時々みかけました。

すごいですね。

一方で、エアリズムで汗びしょびしょになっても汗染みがでなくて良い!という方もいたので、やはり個人差がありますね。

次の項目でご紹介しますが、汗染みが気になる方は、汗をしっかり吸ってくれるグンゼのインナーや、速乾性に優れたインナー(ジオラインなど)を選ぶと良いかもしれません。

スポンサーリンク

エアリズムより涼しいインナー(メンズ)

エアリズムより涼しいメンズインナーを、口コミや売れているものを中心に探しました。

アウトドアや登山用品などのモンベル(montbell)やミレー(MILLET)のような、速乾性に優れたインナーが有名です。

実際、「エアリズムのように汗びしょびしょにならないから涼しく感じる」というコメントが結構ありました。

また、臭いが気にならないとか、汗染みが気にならないという点で、エアリズムよりよいと感じている人もいます。

モンベルやミレーは、エアリズムより高いですが、その分効果を感じている人が多いので、1枚買って試してみるのもいいですね。

モンベル(montbell) ジオライン

モンベルのジオラインは、夏には薄手のL.W.(ライトウエイト)やクールメッシュ(超薄手)が適しています。

MILLET(ミレー) ドライナミックメッシュ

ミレーでは、ドライナミックメッシュが高評価です。

見た目はインパクトありますが。

GUNZE クールマジックやYGシリーズなど

下着の定番、グンゼも人気です。

涼しいという口コミもありますが、涼しさより、臭いや汗染みが気にならなかったり、着心地やコスパでの評価が大きいです。

グンゼは、クールマジックやYGシリーズなど、種類も豊富!

綿100%のタイプや、脇汗対策のもの、消臭、冷感インナーなどなど。

また、上に着るものにひびかないよう、肌色のものや、襟ぐりや袖ぐりが切りっぱなしのタイプもあります。

(エアリズムにも同じようなタイプがありますね)

↓ こんな感じ

↑ 画像クリックで楽天市場に移動します

YGシリーズには、Tシャツの下に着る下着として、in.T(インティー)シリーズがあります。

「エアリズムでは汗染みが気になったけど、in.Tは汗をしっかり吸ってくれて良かった」という投稿もありました。

in.Tシリーズだけでなく、グンゼのインナーは、汗をよく吸ってくれるという口コミをよく見かけます。

スポンサーリンク

エアリズムより涼しいインナー(レディース)

エアリズムより涼しいレディースインナーについても、基本的にはメンズと同じですが、種類が豊富だったり、ネットでも買いやすいGUNZEが人気です。

店舗では置いていないものもあるので、私もネットで買いました。

数種類試しましたが、どれも着心地が良かったです。

長時間の外出はしていないので、汗のビタビタ感や乾き具合は不明ですが、すぐ乾くという口コミも見かけました。

GUNZE キレイラボ、クールマジック

グンゼは、種類が多くて選ぶのも結構大変でした。

インナーには次のようなシリーズがあり、シリーズ内にも種類があります。

キレイラボやクールマジックが特に人気です。

  • KIREILABO(キレイラボ)
  • COOLMAGIC(クールマジック)
  • the GUNZE
  • ADVANCE LABEL(アドバンスレーベル)
  • Tuche(トゥシェ)
  • 快適工房  …などなど

女性の場合は、締め付け感やパッドなどで余計に暑さが増すので、ラフなタイプを選ぶだけでもかなり涼しく感じるかもしれません。

肌が弱い人や、汗をかくと縫い目が気になったり痒くなるという人は、脇に縫い目のないものや、洗濯表示がプリントされたものを選ぶと良いです。

上に着る服にひびきにくい、襟ぐりや袖、裾が切りっぱなしのタイプもあります。

素材も、綿100%のものや、化繊のみのさわやかメッシュ、綿混のひんやりタイプなどがあります。

私の場合は、お風呂上がりに洗面所でナイトブラを付けるのが暑くて苦痛で、あっという間に汗だくになってしまって困っていました。

パッド付きで前も後ろもアンダーにゴムが入っていないタイプがあると聞いたので、夜用にラフなタンクトップを探しました(パッドは外せるタイプ)。

ひんやり綿混、部屋干しクイック、綿100%のシームレスなど試しました。

アンダーゴムがないので当然ホールド感はないですが、どれも柔らかくて着心地が良かったです(ひんやり感はわかりませんでした…)。

キレイラボ:ひんやり綿混、完全無縫製COOL

↓ 画像クリックで楽天市場へ移動します

体にやわらかくフィットします。

同じキレイラボシリーズの「さわやかメッシュ」も似た感じでした。

the GUNZE:SEAMLESS(シームレス)

↓ 画像クリックで楽天市場へ移動します

綿100%。

作りはゆったりめです。

夏用ではないですが、綿100%が良い方におすすめです。

クールマジック:部屋干しクイック

↓ 画像クリックで楽天市場へ移動します

エアリズムのようにサラッとしたり、ひんやりしたりというタイプではないですが、夏向きの素材です。

生地は薄く柔らかいので、とても楽です。

とにかく種類が多いので、口コミを頼りにいくつか試してみると良いと思います。

2023年7月末からセールになってました!

モンベルやミレー

速乾性に優れたモンベルやミレーは、口コミを見てもサラサラということなので、ここぞという時のために1枚あってもいいですね。

モンベルのレディースはAmazonなどで見かけないので、気軽に買えないのが残念ですが・・・

ジオライン L.W.(ライトウエイト)モンベル公式サイト

ジオライン クールメッシュ モンベル公式サイト

ミレーは、大手通販サイトで買うことができます。

着ていてこれだけ差を感じるのはすごいです。

スポンサーリンク
error: