暑中見舞いのはがきの販売はコンビニでもしてる?時期や種類・値段は?印刷ってできるの?

暑中見舞いのはがきの販売はコンビニでもしてる?時期や種類・値段は?印刷ってできるの? 暮らし

暑中見舞い用のはがきは、普通のハガキでOKです。

以前は6~8月ころに、年賀状のようなくじ付きハガキ「かもめ~る」が売ってましたが、2020年で廃止となりました。

2021年からは、郵便局で「絵入りはがき」を期間限定で販売していますが、切手を貼って出すタイプの絵葉書です。

店舗にもよりますが、普通のはがきはコンビニで購入できます。

2022年4月現在、通常はがき(切手印刷済のはがき)の値段は、1枚63円です(税込)。

コンビニでは、暑中見舞いの印刷も行うことができます。

コンビニでのはがきの購入を想定して、暑中見舞いについてご紹介します!

スポンサーリンク

暑中見舞いのはがきの販売はコンビニでもしてる?

暑中見舞いのはがきは、コンビニで購入することができます。

大手ではセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどでハガキを販売しています。

他に、ミニストップ、デイリーヤマザキ、ポプラ、セイコーマートでも取り扱っているようです。

また、はがきだけではなく、切手もコンビニで購入することができます。

以上のことは、各コンビニの公式サイトにて、確認することができますよ。

はがきというと郵便局まで買いに行かないといけないイメージがありました。

最近は便利なものですね。

家の近くのコンビニで、すぐに手に入れることができます。

郵便局は、夕方には閉まってしまうところが多いですよね。

夜にはがきを作っていると、途中で足りなくなってしまうこともしばしば。

コンビニなら、夜でもはがきを購入することができるので安心です。

ただし、一部店舗では取り扱いがない場合があります。

事前に問い合わせてみるなど、注意が必要です。

店舗入り口付近のガラスに郵便マークがあれば、はがきを取り扱っている目印なので、そちらもチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

暑中見舞いのはがきの時期はいつ?

暑中見舞いのはがきを送る時期は、「小暑(7月7日頃)」から「立秋の前日(8月7日頃)」にかけてです。

暑中見舞いとは、暑い時期に普段会えない友達や、お世話になった方の健康を気遣ったり、近況報告をするための挨拶状です。

詳しくは次の項目でお伝えしますが、暑中見舞いに使用するはがきは、普通のはがきでOK。

そのため、ほとんどの場合、コンビニでいつでも購入することができるかと思います。

しかし先述したように、全てのコンビニで取り扱っているわけではありません。

店舗によっては、はがきを仕入れていない場合があります。

さらに、暑中見舞いの時期などで売り切れている可能性もない訳ではありません。

事前確認や、店舗の入り口付近のガラスチェック、定員さんに聞いて見るなどして、購入できるのか確認しましょう。

スポンサーリンク

暑中見舞いのはがきの種類は?

暑中見舞いに使用できるハガキは2種類です。

「通常はがき(旧 官製はがき)」と「私製はがき」です。

官製はがきは、切手がすでに印刷されているタイプのハガキです。

郵便局では「通常はがき」として販売されています。

官製とは政府、つまり国が作ったものという意味があります。

現在は郵便事業が民間企業になったので、官製はがきとは言わず、通常はがき・郵便はがきと呼ばれることが多いようです。

通常はがきは、郵便局やコンビニで購入することができますよ。

通常はがきには、切手の印刷にいくつか種類があります。

どのタイプを取り扱っているかはコンビニによって異なります。

定員さんに確認してみましょう。

一方、私製はがきは、切手を貼って投函するタイプです。

無地のはがきや、自分で作ったはがき、絵葉書、ポストカードなど。

こちらは、店舗によってはコンビニで販売されていないところもあるようです。

私製はがきが欲しい場合は、文房具屋や雑貨店などで購入することができるので、そちらで探してみましょう。

スポンサーリンク

暑中見舞いのはがきの値段は?

コンビニで購入できる通常はがきの値段は、1枚63円です(2022年4月現在)。

はがきは、全国一律で値段が定められています。

そのため郵便局で購入しても、コンビニで購入しても値段は同じです。

私製はがきの場合は、切手が必要になりますが、その際は63円切手を買って貼りましょう。

コンビニでハガキや切手を購入したい場合、注意が必要です。

それは、多くの場合、現金での支払いであることです。

コンビニによっては、nanacoであれば支払い可のところもあるようですが、ポイントはつきません。

クレジットカードや電子マネーでは購入できませんので、ご注意を。

基本的に現金のみなので、細かいお金を準備してコンビニに行くようにしましょう。

スポンサーリンク

暑中見舞いのはがきはコンビニで印刷できる?

暑中見舞いのはがきは、コンビニで印刷することができます。

セブンイレブン、ローソンのコピー機では、はがきの印刷が可能です。

また、ファミリーマートでも2022年5月中旬〜下旬ごろに新型のコピー機が導入されるのに伴って、はがきへの印刷が可能になります。

特に、セブンイレブンやローソンではアプリを用いて印刷することもできますよ。

お家のパソコンなどでデータを作成し、そのデータをアプリで飛ばすことで印刷できます。

セブンイレブンの年賀状アプリなどでは、暑中見舞いのデザインもテンプレートの中から選んで作成することができます。

スマホ1つで暑中見舞いのデザインを作成できるなんて、とても便利ですね。

ご家庭にプリンターがない場合など、用途に合わせて、これらのサービスをうまく利用して活用しましょう。

スポンサーリンク

かもめーるは2020年で廃止!2021年からは絵入りはがき?

冒頭でご紹介したように、以前は毎年6~8月ころに、日本郵政からくじ付きハガキ「かもめーる」が販売されていました。

年賀状のようなものですね。

↓こんな感じ

暑中お見舞いというと「かもめーる」のイメージでしたが、かもめーるは2020年で廃止になっています。

(知りませんでした…)

2021年からは代わりのような感じで、日本郵政から「絵入りはがき」と「あいさつ文入り夏の絵入りはがき」が登場しています。

こちらはかもめーるとは違い、切手を貼って出すタイプです。

ちなみに、2021年の絵入りはがき夏柄はこちら。

この他に、挨拶文が入った絵葉書が4種類販売されました。

「絵入りはがき」は季節ごとに販売しているハガキで、郵便局と、郵便局のネットショップ限定販売です。

郵便局のネットショップ 絵入りはがき(日本郵便株式会社)

コンビニでは売っていません。

絵入りはがき2022夏柄の発売日や種類

絵入りはがき2022年夏の発売日は、5月6日(ネットショップでは午前0:15から販売開始)です。

値段は「絵入りはがき」が1枚73円、「あいさつ文入り夏の絵入りはがき」が3枚入りで240円です(税込)。

63円切手を貼って出しましょう。

「絵入りはがき2022夏柄」は全部で10種類。

ひまわり、あじさい、金魚、とうもろこし、線香花火、風鈴、すいか、ひまわりとねこ、朝顔、麦わら帽子と貝殻です。

「あいさつ文入り夏の絵入りはがき2022」は4種類。

夏山とひまわり、風鈴、砂浜、扇風機です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました